在米邦人向けに占いマーケットを広げたい方へ

最近はコロナで皆さんオンライン鑑定に抵抗が無くなり、世界中の人々との手相鑑定が数倍容易になりました。このタイミングで海外邦人向けに占いマーケットを広げようと考えていらっしゃる個人の占い師さんも少なからずいらっしゃると思うんですよね。

そこで、英語の前に最低限知っておいた方がいい事を私がアメリカで頻繁に受ける質問を元にいくつか挙げてみました。

VISA 問題(在米ステータス)

移民弁護士に聞いてくれって話なのですが、これは3人に1人の割合で相談されます。ただ、1~10までVISAの事覚える必要は全く無いです。ざっくり分けると、学生(F1)四年生大卒業後の会社員(H1B)芸術家(O1)駐在員(E2たまにLビザいる。)Jビザ(大体ポスドク)Green Card(永住組)Citizen(アメリカのパスポート持ってる人)OPT(学校卒業後1年間就労許可)VISAの種類はこれだけ覚えていれば大体戦えます。

これはセッションでの「学生VISAあと1年なのですがいつ帰国しますか?」「今OPTですけど、グリーンカードどうなりますか?」等の知らないと意味不明な質問に繋がってきますので、VISA事情はある程度勉強しておく事をお勧めします。USCISのHP

american flag architecture building flag
Photo by Pixabay on Pexels.com

因みに私はVISAの手続きを延長含めて9回位やってます。VISAにつぎ込んだ費用200万くらい。

①J-1 VISA ー②延長ー③B-1 Visa (繋ぎ) ー④新規H-1Bー⑤H-1B 解雇によりスポンサー切り替えー⑥H1B また解雇によりスポンサー切り替えー⑦E Visa (却下)ー⑧GCー⑨GC更新 ←今ここ。

これだけやってれば嫌でもビザの知識身に付きます。F-1は無いのですが、知り合いの留学斡旋会社立ち上げに関わったので無駄にかなり詳しいです。

駐在員の日本帰国の時期

そんなもん人事に聞いてくれって話なのですが、めちゃくちゃ聞かれます。それくらい帰国後が不安なのかと思いますが、私が鑑定してきた限りでは大体3年~5年です。長い人は6年以上いらっしゃいますが稀です。それを目安に鑑定をされると良いかと思います。因みに私は米国で4年不動産の営業をしていた時期がありその辺は無駄に詳しいです。

buildings near body of water
Photo by Zichuan Han on Pexels.com

アメリカでの仕事探し、学校探し

斡旋会社に聞いてくれって話なのですが、どういう仕事が向いていますか?何を勉強するべきですか?という質問は占い師さんならお手の物だと思うので、まずは1のVISAの状況を確認されてから、アドバイスをされると良いかと思います。Green Card や市民でない場合はVISAスポンサー可能な所でないと就労が出来ないというのも覚えておくと良いかと思います。

apple devices books business coffee
Photo by Serpstat on Pexels.com

国際結婚・離婚問題

弁護士に聞いてくれって話なのですがこれもかなり多いです。米国市民の方と結婚したら安心ではなく、すぐGreen Card (永住権)の申請をしなければなりません(最初は2年)。そして結婚からのGCは、勤め先でGCを取るよりも圧倒的に早いです(ただしお相手に犯罪歴等特に問題がない場合)。

man and woman kissing
Photo by Emma Bauso on Pexels.com

GCを取って2年以内に離婚した場合はその後のGC10年延長の申請が出来ず米国にいられなくなります。その為「10年のGC取れてから離婚してますか?」や、「まだ1年ですが離婚しようと思います。旦那は協力してくれますか?」等、知らないと意味不明な質問をよく聞かれますので、結婚の場合はGC事情を予め理解しておくと良いかと思います。

離婚裁判の行方についての相談も非常に多いです。現在何件か進行中のお客様がいらっしゃいますが、とにかくアメリカの裁判は長いしお金もかかる。子供がいると親権も争わないといけないし、相手がアメリカ人だともっと大変。具体的なアドバイスはもちろん弁護士を勧めますが、アメリカの裁判の流れを知っておくと相談者もリラックスして話が出来るので良いかと思います。

woman in pink shirt sitting on brown wooden armchair
Photo by cottonbro on Pexels.com

アメリカでいつ家を買うべきか売るべきか。

不動産屋に聞いてくれって話なのですが、これも結構多いです。買うタイミングや売るタイミングは占術で分かるとは思いますが、アメリカの不動産マーケットの流れも新聞読んだりニュース見たりある程度普段から勉強をしておくと、より自信を持って占った結果をアドバイスできると思います。

pexels-photo-1115804.jpeg
Photo by PixaSquare on Pexels.com

特にやっぱり1のVISAはある程度知っていた方が良いと思います。

何にしても相談に乗る立場であれば「こいつ何見当違いの事言ってんの?」ってならない為にもある程度アメリカの事情を勉強したうえで進出された方が良いかなと私は思います。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.